FC2ブログ
Welcome to my blog

杉田久女

 杉田久女の桜の句を『杉田久女全集第一巻』(杉田久女著、立風書房、1989年)よりご紹介します。三の楊貴妃桜を詠った諸句のうち二番目の句は、名句の多い久女の句の中でも特によく知られた句です。わたしは三の最後を飾る句も好きです。




  桜の句

一 延命寺(小倉郊外) 三句

釣舟の漕ぎ現はれし花の上

花の寺登つて海を見しばかり

花の坂船現はれて海蒼し




二 阿部山五重桜(花衣所載) 四句


傘をうつ牡丹桜の滴かな

うす墨をふくみてさみし雨の花

雨ふくむ淡墨桜みどりがち

花の坂海現はれて凪にけり




三 八幡公会クラブにて 六句

掃きよせてある花屑も貴妃桜

風に落つ貴妃桜房のまゝ

花房の吹かれまろべる露台かな

むれ落ちて貴妃桜房のまゝ

むれ落ちて貴妃桜尚あせず

きざはしを降りる沓なし貴妃桜





スポンサーサイト