FC2ブログ

マダムNの俳句紹介

Welcome to my blog

Index

222: 杉田久女

仰ぎ見る大〆飾出雲さび

  •  0
  •  0

221: 松本たかし

炭竃に塗込めし火や山眠る

  •  0
  •  0

220: 久しぶりの更新です

当ブログの別の使い道を考えているところで

  •  0
  •  0

219: 三橋鷹女

窓若葉ピアノの鍵を染めにけり

  •  0
  •  0

218: 立夏

  •  0
  •  0

217: 川端茅舎

山高みこのもかのもに花の雲花の雲鳩は五色

  •  0
  •  0

216: 杉田久女

掃きよせてある花屑も貴妃桜風に落つ貴妃桜

  •  0
  •  0

214: 松本たかし

人来ねば鼓打ちけり花の雨めりがちの鼓締め

  •  0
  •  0

213: 三橋鷹女

あすが来てゐるたんぽぽの花びらに花買はな

  •  0
  •  0

215: 新年

  •  0
  •  0

211: 川端茅舎

鐘楼や城の如くに冬の山

  •  -
  •  -

210: 立冬

  •  0
  •  0

209: 杉田久女

片足あげて木戸押す犬に秋の雨

  •  0
  •  0

208: 松本たかし

雲一つ秋天深く上りゆく

  •  0
  •  0

207: 立秋

  •  0
  •  0

206: 三橋鷹女

      梅雨あざみ爆撃機に乘りたし梅

  •  0
  •  0

205: 川端茅舎

梅雨雲に炭竃の火ぞ黄なりけり

  •  0
  •  0

203: 杉田久女

葉がくれの星に風湧く槐かな※槐=エンジュ

  •  0
  •  0

202: 立夏

  •  0
  •  0

201: 松本たかし

初雷の一くらがりや遊園地

  •  0
  •  0

200: 立春

  •  0
  •  0

199: 三橋鷹女

     牡丹雪こころ火の国にあそべる粉

  •  0
  •  0

198: 謹賀新年

謹賀新年すばらしい一年になりますよう心か

  •  0
  •  0

196: 立冬

  •  0
  •  0

197: 川端茅舎

秋風に浴衣は藍の濃かりけりぎんなんのみど

  •  0
  •  0

195: 杉田久女

秋蝶の羽すり切れしうすさかな

  •  0
  •  0

194: 松本たかし

木を荷ふ荒き仕事に薄もみぢ

  •  0
  •  0

193: 三橋鷹女

十六夜の外に出てこころつまづきぬ

  •  0
  •  0

192: 川端茅舎

白露に薄薔薇色の土籠[もぐら]の掌[て]

  •  0
  •  0

191: 立秋

  •  0
  •  0

190: 杉田久女

水暗し葉をぬきん出て大蓮華

  •  -
  •  -

189: 松本たかし

遠雷の波間波間の大凹み

  •  -
  •  -

187: 立夏

  •  0
  •  0

188: 三橋鷹女

     すはう咲き散る老嬢のピアノが鳴

  •  -
  •  -

186: 川端茅舎

春夕べ烏は朱ケに染まり飛び

  •  0
  •  0

185: 立春

  •  0
  •  0

184: 杉田久女

洞門をうがつ念力短日も

  •  0
  •  0

183: 松本たかし

炭𥧄に燃えつゞく火の去年今年

  •  0
  •  0

182: 三橋鷹女

冬天へらくがきをして昏れてゐる

  •  0
  •  0

181: 立冬

  •  0
  •  0

180: 川端茅舎

金剛の露ひとつぶや石の上

  •  0
  •  0

179: 杉田久女

紫陽花に秋冷いたる信濃かな

  •  0
  •  0

178: 松本たかし

十六夜のかかるまどゐの又ありや十六夜の琴

  •  0
  •  0

177: 三橋鷹女

遙けし満月浪間で磨くみかげ石

  •  0
  •  0

176: 川端茅舎

夜店はや露の西國立志編

  •  0
  •  0

175: 立秋

  •  0
  •  0

174: 杉田久女

仮名かきうみし子にそらまめをむかせけり

  •  -
  •  -

173: 松本たかし

洗髪乾きて軽し月見草

  •  -
  •  -

172: 三橋鷹女

四ン月やこころをさそふ水すまし

  •  0
  •  0

170: 川端茅舎

初春の二時うつ島の旅館かな

  •  0
  •  0

169: 謹賀新年

  •  -
  •  -

167: 杉田久女

寄せ鍋やたそがれ頃の雪もよひ

  •  0
  •  0

166: 立冬

  •  -
  •  -

165: 松本たかし

露草のをがめる如き蕾かな

  •  0
  •  0

163: 立秋

  •  -
  •  -

162: 三橋鷹女

 七夕は秋の季語ですが、旧暦とは感覚的な

  •  -
  •  -

160: 川端茅舎

昼寝比丘(びく)壁画の天女まひあそぶ

  •  -
  •  -

159: 杉田久女

男の子うまぬわれなり粽結ふ

  •  0
  •  0

158: 立夏

  •  0
  •  0

156: 松本たかし

春草や光りふくるる鳩の胸

  •  0
  •  0

154: 三橋鷹女

北風のここに一羽の鸚鵡飼ふ

  •  0
  •  -

155: 立春

  •  0
  •  0

147: 川端茅舎

初凪の岩より舟に乗れといふ

  •  0
  •  0

146: あけましておめでとうございます

新春を迎え、あなた様のご多幸をお祈り申し

  •  0
  •  0

145: 杉田久女

炭ついでおくれ来し人をなつかしむ

  •  1
  •  0

143: 立冬

  •  -
  •  -

144: 松本たかし

懸崖に色鳥こぼれかかりたる

  •  0
  •  0

142: 三橋鷹女

生涯の悪筆雁が鳴きわたる

  •  -
  •  -

141: 川端茅舎

満月に金炎え立ちし銀杏かな ※2012年の中秋

  •  -
  •  -

140: 杉田久女

菱実る遠賀の水路は縦横に

  •  -
  •  0

139: 松本たかし

月明の道あり川ともつれつつ

  •  0
  •  0

136: 三橋鷹女

秋暑く鶏頭Y氏の如く佇つ

  •  -
  •  -

138: 川端茅舎

柿を置き日日静物を作(な)す思念

  •  -
  •  -

137: 杉田久女

下りたちて天の河原に櫛梳り

  •  -
  •  -

135: 立秋

  •  -
  •  -

133: 松本たかし

泳ぎ子や光の中に一人づつ

  •  0
  •  0

134: 立夏

  •  0
  •  0

132: 三橋鷹女

すみれ摘むさみしき性を知られけり

  •  0
  •  0

131: 川端茅舎

春寒やお瀧様とて竹の奥

  •  -
  •  -

130: 立春

  •  -
  •  -

129: 杉田久女

初雪の久住と相見て高嶺茶屋

  •  -
  •  -

128: 立冬

  •  -
  •  -

127: 松本たかし

南縁の焦げんばかりの菊日和

  •  -
  •  -

126: 三橋鷹女

蟷螂も燃ゆるカンナの中に棲めり

  •  -
  •  -

125: 立秋

 

  •  -
  •  -

124: 川端茅舎

兜蟲み空を兜捧げ飛び

  •  -
  •  -

123: 杉田久女

さうめんや孫にあたりて舅不興

  •  -
  •  -

122: 松本たかし

魚籠のぞく面を打つて鮎にほふ

  •  -
  •  -

121: 三橋鷹女

ふらここの天より垂れて人あらず

  •  -
  •  -

120: 川端茅舎

立春の雪白無垢の藁家かな

  •  -
  •  -

119: 立春

  •  -
  •  -

118: あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよ

  •  -
  •  -

117: 杉田久女の鶴の秀句をご紹介

 鶴の季語は秋ですので、秋にご紹介するは

  •  -
  •  -

116: 松本たかし

秋水に五色の鯉の主かな

  •  0
  •  0

115: 三橋鷹女

じゆんじゆんと秋刀魚の焼かれからぶ音

  •  0
  •  0

114: 川端茅舎

師ゐますごとき秋風砂丘ゆく

  •  0
  •  0

113: 杉田久女

ヨットの帆しづかに動く秋の湖

  •  0
  •  0

112: 立秋

  •  0
  •  0

111: 松本たかし

甘草や昨日の花の枯れ添へる

  •  -
  •  -

110: 立夏

  •  -
  •  -

109: 三橋鷹女

惜春やことば少なき夫とゐて

  •  -
  •  -

107: 川端茅舎

『川端茅舎 松本たかし集 現代俳句の世界

  •  -
  •  -

106: 杉田久女

卒業やちび靴はくも今日限り

  •  -
  •  -

105: 松本たかし

嫁ぐなる別れの雛にかしづきぬ

  •  -
  •  -

104: 三橋鷹女

おたまじやくしの生るる日の字を書き並べ 

  •  -
  •  -

103: 川端茅舎

生馬(いきうま)の身を大根でうづめけり

  •  -
  •  -

102: 杉田久女

草むらに放ちし虫の高音かな

  •  -
  •  -

101: 松本たかし

木曾谷の奈落に見たる銀河かな

  •  -
  •  -

100: 三橋鷹女

たそがれて顔の真白き案山子かな

  •  -
  •  -

99: 川端茅舎

巌隠れ露の湯壷に小提灯(こぢやうちん)

  •  -
  •  -

98: 杉田久女

みづみづとこの頃肥り絹袷

  •  -
  •  -

93: 松本たかし

影遠く逃げてゐるなり砂日傘

  •  -
  •  -

92: 三橋鷹女〔立夏〕

夏来る白き乳房は神のもの

  •  -
  •  -

97: 川端茅舎

漣(さざなみ)の中に動かず蛙の目

  •  -
  •  -

96: 杉田久女

潮碧しわかめ刈る舟木の葉の如し

  •  -
  •  -

91: 松本たかし

八重ざくら八重やまぶきに黄泉(よみ)の杖

  •  -
  •  -

95: 三橋鷹女

春風は吹けり裏町に児等あふれ

  •  -
  •  -

94: 川端茅舎

囀りや銀貨こぼれし頭陀袋

  •  -
  •  -

90: 杉田久女

 杉田久女の桜の句を『杉田久女全集第一巻

  •  -
  •  -

89: 松本たかし

紅梅の下紅梅の鉢を置く

  •  -
  •  -

88: 三橋鷹女

けものらの耳さんかくに寒明けぬ

  •  -
  •  -

87: 川端茅舎

寒の野につくしつみますおんすがた

  •  -
  •  -

86: ご挨拶が遅れました

 新年のご挨拶もせずに、失礼致しました。

  •  -
  •  -

85: 杉田久女

雪颪(おろ)す帆柱山(ほばしら)冥し官舎訪ふ

  •  -
  •  -

84: 松本たかし

とっぷりと後ろ暮れゐし焚火かな

  •  -
  •  -

83: 三橋鷹女

鍵穴を冬が覗けり語らずも

  •  -
  •  -

82: 川端茅舎

花を手に浄行菩薩しぐれをり

  •  -
  •  -

81: 杉田久女

まどろむやさゝやく如き萩紫苑

  •  -
  •  -

80: 松本たかし

梨棚の跳ねたる枝も花盛り

  •  -
  •  -

79: 三橋鷹女

柿熟るる肺腑がよごれゐる思ひ

  •  -
  •  -

78: 川端茅舎

秋風に浴衣は藍の濃かりけり

  •  -
  •  -

77: 杉田久女

甕たのし葡萄の美酒がわき澄める

  •  -
  •  -

76: 松本たかし

瓢箪の出来の話も残暑かな

  •  -
  •  -

75: 三橋鷹女

しんじつは醜男にありて九月来る

  •  -
  •  -

74: 川端茅舎

ガタ馬車のべらべら幌や麦の秋

  •  -
  •  -

73: 杉田久女

縫ふ肩をゆすりてすねる子暑さかな

  •  -
  •  -

72: 松本たかし

山清水ささやくままに聞き入りぬ

  •  -
  •  -

71: 三橋鷹女

夏痩せて火星に棲めるかほかたち

  •  -
  •  -

70: 川端茅舎

麦埃(ぼこり)赤光の星森を出づ

  •  -
  •  -

69: 杉田久女

夕顔やひらきかゝりて襞深く

  •  -
  •  -

68: 松本たかし

萍(うきくさ)に亀乗りかけてやめにけり

  •  -
  •  -

67: 三橋鷹女

風吹くと鹿の子の瞳ものをいふ

  •  -
  •  -

66: 川端茅舎〔立夏〕

雙輪のぼうたん風にめぐりあふ

  •  -
  •  -

65: 杉田久女

盆に盛る春菜淡し鶴料理る

  •  -
  •  -

64: 松本たかし

たんぽぽや一天玉の如くなり

  •  -
  •  -

63: 三橋鷹女

かなしびの満ちて風船舞ひあがる

  •  -
  •  -

62: 川端茅舎

花吹雪瀧つ岩ねのかゞやきぬ

  •  -
  •  -

61: 杉田久女

鬢かくや春眠さめし眉重く

  •  -
  •  -

60: 松本たかし

枝垂梅音楽の如しだれけり

  •  -
  •  -

59: 三橋鷹女

二ン月の心に入り来(く)つはものら

  •  -
  •  -

58: 川端茅舎

雪の上ぼつたり来たり鶯が

  •  -
  •  -

57: 杉田久女

ほろ苦き恋の味なり蕗の薹

  •  -
  •  -

56: 松本たかし

葉牡丹の火(ほ)むら冷めたる二月かな

  •  -
  •  -

55: 三橋鷹女

雪霏々と二月をのこをゆめみけり

  •  -
  •  -

54: 川端茅舎

蕗の薹息づく穴よ白雪に

  •  -
  •  -

53: 杉田久女

燈台のまたたき滋し壷焼屋

  •  -
  •  -

51: 松本たかし

早春の牡丹畑を廻りけり

  •  -
  •  -

52: 三橋鷹女

地階の灯明るし春の林檎買ふ

  •  -
  •  -

50: 川端茅舎 〔立春〕

蕗の薹雪深ければ青磁かな

  •  -
  •  -

49: 杉田久女

暖房に汗ばむ夜汽車神詣

  •  -
  •  -

48: 松本たかし

スキーヤー伸びつ縮みつ雪卍

  •  -
  •  -

47: 三橋鷹女

野の池の凍て枯蘆をめぐらせる

  •  -
  •  -

46: 川端茅舎

寒月や穴の如くに黒き犬

  •  -
  •  -

45: 杉田久女

御僧に蕪汁あつし三回忌

  •  -
  •  -

44: 松本たかし

停(とま)り合ふ汽車なつかしき雪の駅

  •  -
  •  -

43: 三橋鷹女

うちかけを被て冬の蛾は飛べませぬ

  •  -
  •  -

41: 川端茅舎

寒月の岩は海より青かりき

  •  -
  •  -

42: 杉田久女

書初やうるしの如き大硯

  •  -
  •  -

40: 松本たかし

在りし世の羽子板飾り隠れ栖む

  •  -
  •  -

39: 三橋鷹女

繭玉のさくら色より明けにけり

  •  -
  •  -

38: 川端茅舎 〔元旦〕 

初冨士や石段下りて稚児ケ淵

  •  -
  •  -

37: 杉田久女

山茶花の紅つきまぜよゐのこ餅

  •  -
  •  -

36: 松本たかし

藁覆に紅玉包む寒牡丹

  •  -
  •  -

35: 三橋鷹女 〔1899年12月24日に鷹女誕生〕

クリスマス胡桃の樹肌あたたかに

  •  -
  •  -

34: 川端茅舎

雪の中金剛水を汲む乙女

  •  -
  •  -

33: 杉田久女

椿色のマント着すれば色白子

  •  -
  •  -

32: 松本たかし

雪明かり月明かりして町眠る

  •  -
  •  -

31: 三橋鷹女

こころ火の国にあそべる粉雪かな

  •  -
  •  -

30: 川端茅舎

耿々(かうかう)と氷るきりぎしいく重ね

  •  -
  •  -

29: 杉田久女

狐火や風雨の芒走りゐる

  •  -
  •  -

28: 松本たかし

霰打つ暗き海より獲れし蟹

  •  -
  •  -

27: 三橋鷹女

寒夜一歩何に近づく菓子食べ終へ

  •  -
  •  -

26: 川端茅舎

凩の中に灯りぬ閻魔堂

  •  -
  •  -

25: 杉田久女

寒椿に閉じ住む窓のありにけり

  •  -
  •  -

24: 松本たかし

雪嶺の歯向ふ天のやさしさよ

  •  -
  •  -

23: 三橋鷹女

暖炉昏し壷の椿を投げ入れよ

  •  -
  •  -

22: 川端茅舎

巌頭や兔の如き雪一握

  •  -
  •  -

21: 杉田久女

夫留守や戸揺るゝ北風におもふこと

  •  -
  •  -

20: 松本たかし

雪嶺の大を数ふや十座余り

  •  -
  •  -

19: 三橋鷹女

もえたつ冬黴悪の成装銀きらめく

  •  -
  •  -

18: 川端茅舎

引かれたる葱のごとくに裸身なり

  •  -
  •  -

17: 杉田久女

枯野路に影かさなりて別れけり

  •  -
  •  -

16: 松本たかし

冬山の倒れかかるを支へ行く

  •  -
  •  -

15: 三橋鷹女

すつぱだかのめんどりとなり凍て吊るされ

  •  -
  •  -

14: 川端茅舎

畑大根皆肩出して月浴びぬ

  •  -
  •  -

13: 杉田久女

初雪の久住と相見て高嶺茶屋

  •  -
  •  -

12: 松本たかし

日を追うて歩む月あり冬の空

  •  -
  •  -

11: 三橋鷹女

貝族の呟き冬はこれからです

  •  -
  •  -

10: 川端茅舎

懐手して躓きぬ老あはれ

  •  -
  •  -

9: 杉田久女

かき馴らす塩田ひろし夕千鳥

  •  -
  •  -

8: 松本たかし

立てひらく屏風百花の縫ひつぶし

  •  -
  •  -

7: 三橋鷹女

冬来る眼をみひらきて思ふこと

  •  -
  •  -

6: 川端茅舎

お地蔵は笑み寒月の父の墓

  •  -
  •  -

5: 杉田久女

横顔や暖炉明りに何思ふ

  •  -
  •  -

4: 松本たかし

草枯るる猫の墓辺に猫遊び

  •  -
  •  -

3: 三橋鷹女

冬来る高階の扉の押せば開き

  •  -
  •  -

2: 川端茅舎

初しぐれ紅葉張りつく青芭蕉

  •  -
  •  -

1: 杉田久女 〔立冬〕

燃え上がる松葉明かりの初暖炉

  •  -
  •  -

108: 当ブログについて

 はじめまして。管理人のマダムNです。 

  •  -
  •  -